健康な髪を育てる

じっくり使い続けていきたい育毛剤

髪の毛の悩みというのは年齢関係なくあるものです。
若い人、歳をお召しの方でも同じ悩みを抱えているのです。
その人たちにしってほしいのは育毛剤をきちんと正しく使える事、そして抜け毛や頭皮トラブルの基礎知識を持つ事が大事です。
それを抑える事が出来れば確実にハゲや薄毛が解消されます。
順を追って説明します。

まず、どうして抜け毛やはげになるのか?これは遺伝も関係があるといわれていますが実際は頭皮環境が悪いということです。
極論からいうと頭皮の毛穴に汚れが詰まってしまって汚い状態であること、栄養がいきわたらない事で髪の毛が死滅するということです。
つまりこのケアがしっかりとなされていたら抜け毛や薄毛がないということです。
ですが毎日シャンプーしてる!という人は多いでしょう。
簡単にいうと「ケア」が正しくないというのが現代に多い傾向です。

正しいケアを紹介します。
シャンプーのし過ぎをやめること!必要以上に洗うと、頭皮に必要な油分まで洗うので、結果としてそれを補おうとして頭皮が乾燥して脂を出そうとするのですが、それが毛穴に詰まって意味がなくなるというパターンです。
最低でも500円玉程度のシャンプーの量に抑えてください。
あわ立ちにくい人は最初にしっかりとすすぐ事がポイントです。
そしてシャンプーの後はしっかりとシャワーですすいでください。
洗った分の倍の時間をすすぐと良いとされています。
これはシャンプーの液体が頭皮に残っていると良くないからです。
そしてしっかりとドライヤーで乾燥をさせてから育毛剤を使うことです。
これが以外に見落とされてることですが、頭皮が濡れているときに育毛剤をつけても同じです。
CMではこのように濡れている髪の毛の状態で使っているシーンがあるので見かけた人はだまされないで下さい。

それを行うと髪の毛(濡れている)に吸収されて頭皮に浸透しません。
頭皮に浸透しないということは折角の薬用成分も吸収されないので意味がないのです。
頭皮環境がいつまでも整いません。
頭皮環境がしっかりと整うと、抜け毛が抑えられます。
また健康な髪の毛が育ちます。
上記で説明したことをきちんと行うだけでいいのです。
しっかりとしたケアで自分の髪の毛を守ってください。

Copyright(C) 2013 毛根に栄養を All Rights Reserved.